fc2ブログ

KPA100 ヒートシンクと基板ドッキング

エレクラフト K2
06 /29 2014
エレクラフトから届いた部品の中に、なぜか、紙やすりが入っていましたので、
何でかなあ?と思っていました。
ようやく意味がわかりました。HI

まずはヒートシンクの下ごしらえ。

ヒートシンクはほとんどが、黒の非導電塗装がされています。
KPA100のヒートシンクもそうです。
この塗装を剥がさないといけないみたい。




金属の板に紙やすりを両面テープで貼り付けて、ヒートシンクの取り付け凸部の上面を平らに削ります。

ごしごしこすると、




凸の上面の塗装が剥がれて、アルミの地肌が見えました。
これでOK。

そのほかにも、基板を取り付けるスタンドのビス穴の回りも、紙やすりで綺麗に塗装を落とします。




これで下準備が終わりました。
いよいよ基板とドッキングします。

こんな感じで仮組します。




お次は、パワートランジスタの取り付け。
ヒートシンクを付けた状態で、パワートランジスタをビスで借り固定してから
ハンダします。
トランジスタのターミナルにはあらかじめハンダメッキをしておくと半田が乗りやすいですね。




旨くトランジスタが取り付け出来ました。

いったんヒートシンクを外して、RFケーブルや、スピーカーケーブル、電源ケーブルを配線。




やっと基板が完成しました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

完成間近ですね。QSOありがとうございました。まさかFMで繋がるつは。。。ビックリ!

No title

NWRさん、今晩は。
はい、もう少しで完成です。楽しみですね。

こちらこそありがとうございました。
今日はハイバンドが良く開いていましたね。
久しぶりに10mFMを覗いてみました。HI

No title

ここまで出来上がれば、もうあと少しですね。
続きを楽しみにしております。

No title

WSHさん、こんばんは。
はい、もう少しですが、旨く動くか心配ですね。

JK1TCV Kazu

QRPメイン、時々QROでDX、移動運用、コンテストなど楽しんでいます。