fc2ブログ

エレクラフト KX3でFT8をやってみた。【前編】

エレクラフト KX3
06 /20 2019
久しぶりにKX3ネタです。
このところFT8が大人気ですね。
今月号のCQ誌やHAM world誌もFT8の特集があります。

今まで固定運用でDXばかりFT8をやっていますが、移動運用で国内QSOもちょっとやりたくなってきました。
7041kHzを覗くと、国内どうしのQSOも盛んです。

そこで、いつも移動運用で使っているエレクラフトKX3でFT8が出来ないものか、挑戦してみました。




まずはPCとのCATコントロールです。
オプションのUSBケーブルを使って、PCと接続してやります。




もともと、KX3のファームウエアの更新とか、CWメモリーの編集だとかは、USBケーブルをつないでやっていましたので、すんなりCAT接続ができました。
(事前にエレクラフトのHPから、USBドライバーのダウンロード、インストールが必要です)

受信した信号もちゃんと出してくれます。
この点がいまだに謎なのですが、もともとはKX3はSDR機のため、USBケーブルだけで受信できるのかもしれません。

これでWSJT-Xのバンドを切り替えると、自動でKX3のバンドも切り替わってくれます。

FT8を移動運用でやるうえで重要なPCの時計合わせですが、以前購入したUSBタイプのGPS受信機を使い、ソフトウエアはNMEATime2 にしました。
何種類か無料のソフトを試しましたが、デザインと機能が気に入ったためです。

シェアソフトなので、お試し期間30日が過ぎると20.48US$がかかりますが、仕方がありません。

PAYPALで送金するとすぐにプロダクトキーが送られてきて、無事に使えるようになりました。




これでWSJT-Xソフトを立ち上げてそれぞれ設定し、旨く受信できることができました。




さて、いよいよ送信の確認です。
しかし。。。。。

後編に続く。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

信号が受信できるのは、スピーカーからの音をPCのマイクが拾ったからではないでしょうか?

時計合わせは WSJT-Xのマニュアルでもオススメされている Meinberg NTPが無料でよいと思います。

No title

いよいよ移動でのFT8チャレンジですね!
レポート楽しみにしています!

No title

> rgbさん
コメントありがとうございます。
確認したら、PCの内蔵マイクでリグの受信音を拾っていました。
これで理由がわかりましたが、さて、ちゃんと接続するにはどうしたらよいか、また新たな疑問が出ました。
色々やるのも楽しみのうちですね。

No title

> JJ1CKNさん
DXばかり見ていましたが、国内も結構見えていますね。
これから移動運用でもFT8をやってみようと思います。

No title

後編を先に見てしまいましたので・・・(^^;)
でも使えるようになって良かったですね。(^^)

No title

> JG1ULTさん
はい、無事に動くようになったので、移動運用してみようと思います。

JK1TCV Kazu

QRPメイン、時々QROでDX、移動運用、コンテストなど楽しんでいます。